2005年09月08日

9月3日

ここのところ、小康状態が続いているなつこ。うちでは相変わらず、鼻をずぴずぴしながら元気に遊んでいる。鼻水や鼻血は、出たり出なかったり。進展があるとすれば、おにぃちゃん(みそちゃん)とさらに仲が良くなって来た事であろうか。まぁ、もともとなつこが『遊んで遊んで〜♪』に対し、ずっと一人っ子で育ったみそちゃんの当たりが悪かっただけなのだが・・・。

で、今週は、わたくしの嫁(仮)こと、みそちゃんとなつこ1号の母(仮)を随伴させての通院となった。嫁(仮)は初めてのねこ病院である。待合では、わたくしと同様に、あちこちのねこ達を覗き込んでは『かわぃぃ〜♪』を連呼。子供達を愛でる気持ちが一番大事なので、わたくしも嬉しく思う。

で、検査。今回、わたくしはサブに回り、母(仮)にメインを任せた。原則として、動物の病院では、親が子供(動物)を抑えて診察をしてもらう。なつこの初検診では、わたくしが1時間に渡って抑え続けたことが記憶に新しいであろう。で、実際やらせてみると、やはり初めは難しいのだろう、手つきや抑えるポイントもぎこちない。だが、一生懸命やってくれている。覚えようとしてくれている。いづれは、わたくしの代わりをしてもらおうと思っているので、今後も出来るだけ一緒に連れてこようと思う。

結果だが、尿phがまた弱アルカリに戻ってしまった。あとは、抗生物質を一旦止めてみる事にした。ちょっといろいろ試してみようと思う。最後に、抵抗力の弱いなつこは、ノミが付きやすいので、フロントラインを買って帰った。

本日の診察代金

診察料:500円
消炎止血剤、尿酸化剤、抗ヒスタミン剤:5,680円
(2週間分)
フロントライン(殺蚤剤):1,300円

合計:7,480円

次回診察は2週間後・・・

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月27日

尿検査
医『雑菌が多く出ています。どんな入れ物でとりましたか?』
父『その場にあった、缶詰の空き缶で・・・』
医『洗いましたか?』
父『もう、ちょろちょろ出てたもんで・・・』

次回から、中性洗剤で洗って、乾燥させてから持って行きます(−−*。

尿検査の結果、Phが始めて弱酸性に。
その他はあまり変わりなし。ただ、鼻血が多いので、消炎剤を
止血効果もあるタイプに変更した。
健康食品アガリクスを、液体タイプのDフラクションに変更。
後は、ウォルサムのPhコントロールフードを導入。

2005_0827a.JPG
左・Dフラクション 右・ウォルサム


やはり、カゼ(?)のウィルスと、白血病ウィルスが一緒に悪さをしているみたいで、なかなか良くはならない。なつこに食べさせて、遊ばせて、抵抗力をつけさせて、そうやって対処していくしかないのかな。父は地道に歩んで行こうと思う。今後とも、この子の健康状態から目が離せない。

本日の診察代金

診察料:500円
消炎止血剤、抗生物質
尿酸化剤、抗ヒスタミン剤:2,940円
尿検査:1,400円
Dフラクション:12,000円
ウォルサムphコントロールドライ
500g:1,100円

合計:17,940円

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする