2005年11月28日

危険信号

最近、小康状態が続いたなつこだが、11月も終わりになって、
少し体調が悪くなった。尿酸値がアルカリに傾き、ストルバイト結晶が
大きく増えてしまった。鼻血も出すようになり、薬も吐く事がある。
残念だが、食事に気を配り、規則正しく薬を与えて、体を冷やさないように
してあげるくらいのことしか出来ない。

とりあえず、みそちゃんのご飯を食べてしまい、自分の療養食を食べない
癖があるので、みそちゃんのご飯を缶詰オンリーにし(なつこは缶詰を
食べない)、シニア用かりかりさんを撤去した。しばらくは食べなかった
なつこだが、やがてあきらめて食べ始めた。

かわいそうだが、ねこは健康に興味が無い。
ひとが選んであげないと(C)マルハペットフード

ともあれ、今は重要な時期のようだ。
いつもより注意して、様子がおかしかったらすぐに病院へ連れて行こう。

―――――――――――――――――――――――――――

11/26の診察代金

診察料:500円
消炎止血剤、尿酸化剤、抗ヒスタミン剤:5,680円
(2週間分)
尿検査:1,400円

合計:7,580円

―――――――――――――――――――――――――――

11/12の診察代金

診察料:500円
消炎止血剤、尿酸化剤、抗ヒスタミン剤:5,680円
(2週間分)
インターフェロン注射:5,500円
Dフラクション:12,000円

合計:23,680円


【日記の最新記事】
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/128555
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック