2006年02月15日

一体どうしろと言うのだ

今朝、なつこがガラス製のテレビ台に乗っていた。
別段大した事ではないと思われるが、なつこが冷たいものの上に乗る時は、
本能的に代謝を抑えようとしている可能性が高い事は既に書いた通りである。

思う。どうしよう。病院に連れて行こうか・・・

しばらく考えたが、月・火ともに、なつこはあまり元気ではなかった。
撫でた限り、少し痩せた感じがしていた。

連れて行こう。

診て貰うと、まず体重が2.28kgまで減っている。触った感じは
気のせいではなかったようだ。
また、体温の割に粘膜の色が白い(貧血)と、少し呼吸が
激しいのを指摘された。確かに、お腹がバクバク言っている。
隣で他の猫が絶叫しているので、それに驚いたのもあるのだろう。
心音は落ち着いているらしいので、もしかすると、
肺に水が溜まっているのかもしれないらしい。
しばらくしても、お腹の動きが激しいままだとしたら、レントゲンを撮って
確認する必要があるらしい。

腸に炎症、リンパ腫かもしれない、貧血、下痢、鼻詰まり、くしゃみ・・・
その上、肺に水??

一体、この小さな体をどうしようと言うのだ。
どうすれば、この子の苦痛を取り除いてあげられるのだろう・・・

一通り自問した。嫁とも話した。
結果は、それでも闘って行くしかない。
そりゃ、最初から解ってはいたんだけど・・・

つらそうななつこを見ていると、こちらも辛くなる。
でも、こっちが辛くなっている場合じゃないんだ。
とにかく、今夜はなつこを撫でている。
嫁に言われた『病気の子には、スキンシップしてあげるのがいい』

その通りだと思う。
傍らで、なつこは寝付いた。

少しは、楽になったかな??
明日も念のために病院には連れて行くつもりだ。

―――――――――――――――――――――――――――

2/15の診察代金

診察料:500円
輸液(点滴):3,100円
注射:1,900円

合計:5,500円

―――――――――――――――――――――――――――

【日記の最新記事】
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/200006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック