2006年02月22日

急転

今日、2回目の抗癌剤を接種する予定だったが、断念する事となった。
理由は、ヘマトクリット値(簡単に言うと、貧血の度合いを示す数値)が
10%しかなかったため。抗癌剤に耐える体調はおろか、生きている
のが大変な状態だとせんせは言う。

日曜の診療で、次は水曜日に抗癌剤を打つ予定を立てていた。
が、日曜の午後から夕方、夜に掛けても、なつこは食事をとらず、
ぐったりと伏したままだったので、結局、週末から月、火、水と
毎日通院する事となった。

抗癌剤は1サイクル(週に1度の接種+経口投与を2回)で、
体調が劇的に回復する事が期待できるが、反対に、体に深刻なダメージを
与えることもある諸刃の剣。なつこの場合は、効果が確認できなかった。

そして、低空飛行を続けるなつこの体調に、鼻や歯茎、肉球が白くなる
貧血の症状が見られたので、火曜日に血液検査を行った。

その結果が・・・

1月28日に検査した時は正常だった値が、軒並み異常値を示した。
その時は、単なる肝機能障害だったのが、一気に発症の様相を示した。
2月に入って、3kg近くあった体重は、2.1kgまで減少した。

今日からは、呼吸を楽にする注射も追加した。

なつこの体は、冷え切っている。
手を握ると、冷たい。家ではホットカーペットの上に寝かせて、
とにかく体を冷やさないようにしている。
手を優しく握り、時折背中を擦ってやる。
げっそり痩せて、疲れきった顔のなつこ。
毛並みも悪くなった。自慢のふわふわ軟らかべーじゅも、痛々しく見える。

明日は休診日。ただ、予断を許さない状態なので、経過観察扱いで
予約を取った。とにかく、今出来る事は、とにかく治療を続けて行く事。
地味で、効果の程も予測できないが、ねこの病院フェリスの獣医さん、
スタッフさん、そして、一緒に闘っている他のおとうさん、おかあさん、
仲間たちが、なつこの事を見守ってくれている。

信じる。なつこを信じる。
今は、それしかない。
絶対に、あきらめない。最後まで、闘う。


20060222.jpg
今日はネコの日(2/22=にゃーにゃーにゃー)。
CSチャンネル、アニマルプラネットの『ネコの日特別編成』を見るなつこ。

20060222a.jpg
テレビのネコに反応するなつこ。
だが、長い時間集中は出来ないらしく、すぐにぐったりしてしまう。


―――――――――――――――――――――――――――

2/22の診察代金

診察料:500円
輸液(点滴):3,100円
注射(ステロイド・抗生物質)1,900円
注射(呼吸を楽にする薬):1,600円

合計:7,100円

―――――――――――――――――――――――――――

2/21の診察代金

診察料:500円
輸液(点滴):3,100円
注射(ステロイド・抗生物質)1,900円
血液検査:8,460円

合計:13,960円

―――――――――――――――――――――――――――

2/20の診察代金

診察料:500円
輸液(点滴):3,100円
注射(ステロイド・抗生物質)1,900円

合計:5,500円

―――――――――――――――――――――――――――

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつこちゃんいかがでしょうか?
なつこちゃんやみそちゃんとの
信頼関係が築けている父さんが、
良かれと思ってしていることはきっと
なつこちゃんにも分かっているはず。
自分の気持ちに正直に
出来ること、出来る範囲でしてあげて
くださいね・・・。
きっと思いは通じて元気になると思います。
私も見守ってます。
Posted by yuzurumama at 2006年02月23日 19:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/209425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック