2005年07月25日

投薬

 なつこがうちに来て一晩が経った。先住の兄、みそちゃんとのそれはまぁ凄いやり取りはまたの機会に書くとして、今日は毎日のお薬について書いてみる。

 まずは感染症を封じ込める抗生物質。パセトシンと言う銀紙で包装された薬。飲ませる時はナイフで半分に割る。もう1つは消炎剤、炎症を抑える薬だ。最後はアガリクス製剤。アガリクスHCCペットと言う商品名で、動物用栄養補助食品と言う触れ込みだ。
 前者2錠は、小さいので簡単に飲ませることが出来るが、アガリクスはかなりの大粒なので、まだ口の小さいなつこには飲ませづらい。口を開け、水と一緒に飲み込ませる方法を取った。
 ねこにとって、薬をのまされると言うのは凄いストレスだ。なつこは懸命に抵抗し、私の手には何度も爪が食い込む。2日目にして、数十箇所の小傷が出来た。まぁ、こんなものなのだろうか。

 健康の回復と、元気な生活は、毎日の規則正しい習慣から生まれる。一晩(投薬2回)で目やにと鼻水が出なくなった。後は咳とくしゃみが早く止まってくれると嬉しい。ぜーぜー言うのを聞いていると、心苦しくなる。

【日記の最新記事】
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>みそちゃんとなつこさんのご両親

こんばんは☆
大きい粒の薬は幾つかに割って、
それを缶詰とかねこのごはんに混ぜてあげると、猫もすんなり食べてくれますよ。
時々「ぺっ」って出してしまう子もいますが^_^;。
私の家で今薬をのんでいるのは、
猫カゼの治療をしている子猫なのですが、
毎回格闘してます。

私のリンパ腫の猫は、2年半前に旅立ってしまいました。
でも、その子のためにいろいろ勉強したことは、今いる猫の健康に繋がっているんだ!と思っています。
病気はとてもつらいけど、一緒にいる時間をしあわせに、楽しく過ごしたいと思ってます。
きっと闘ってるみんな、そうですよね>_<。
Posted by りゅう at 2005年07月25日 22:08
こんばんは!
またいらしてくださってありがとうございます。
やっぱり投薬は格闘なんですね。
子猫ちゃん、風邪がはやく治るようにお祈りしています。
よいアドバイスをいただけてうれしいです、
なつこにはお薬小さく割ってあげてみようね>父

リンパ腫のねこちゃん、旅立たれてしまいましたか・・・。
生き物と過ごすことは、毎日が勉強ですよね。
病気の辛さだけでなく、一緒に生きる楽しさを、なつこもみそちゃんも、
そして父も私もいっぱい味わっていこうと思っています。

URLくださってありがとうございます♪
これからじっくり拝見させていただきます!!
Posted by みそちゃんとなつこ1号の母 at 2005年07月26日 03:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/31492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック