2005年09月08日

8月27日

尿検査
医『雑菌が多く出ています。どんな入れ物でとりましたか?』
父『その場にあった、缶詰の空き缶で・・・』
医『洗いましたか?』
父『もう、ちょろちょろ出てたもんで・・・』

次回から、中性洗剤で洗って、乾燥させてから持って行きます(−−*。

尿検査の結果、Phが始めて弱酸性に。
その他はあまり変わりなし。ただ、鼻血が多いので、消炎剤を
止血効果もあるタイプに変更した。
健康食品アガリクスを、液体タイプのDフラクションに変更。
後は、ウォルサムのPhコントロールフードを導入。

2005_0827a.JPG
左・Dフラクション 右・ウォルサム


やはり、カゼ(?)のウィルスと、白血病ウィルスが一緒に悪さをしているみたいで、なかなか良くはならない。なつこに食べさせて、遊ばせて、抵抗力をつけさせて、そうやって対処していくしかないのかな。父は地道に歩んで行こうと思う。今後とも、この子の健康状態から目が離せない。

本日の診察代金

診察料:500円
消炎止血剤、抗生物質
尿酸化剤、抗ヒスタミン剤:2,940円
尿検査:1,400円
Dフラクション:12,000円
ウォルサムphコントロールドライ
500g:1,100円

合計:17,940円

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

おしっこ

 今日は病院の日。明日は運がよければお出かけ(?)なので、今日中には済ませておきたい。
 で、先週は出来なかった尿検査。なつこにトイレを教えたところ、ペットシーツを通り越して、みそちゃんのトイレ(砂タイプ)にするようになってしまったので、拾うことができなくなった。今日も、トイレに行くのを待っているのだが・・・行かない。仕方が無いので、トイレを掃除して、なつこを入れると・・・

 出てしまう。

 もう一回入れて、出れないようにガードすると・・・

 しゃがむ。

 ペットフードの空き缶を用意。

 ちょろちょろちょろ・・・

 採取成功。


 じゃ、行くか。

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

鼻血/ひっぱたく

すっかりうちにも馴染んだなつこ。最近は、いたずらが更にエスカレートして困ります。朝起きると、デスクからモノが落っこちていて、どこへ行ったのか行方不明な品物も。傍若無人なので、このままではいかんとばかり、ちょっと愛の鞭でおちりをぺちん。同時に、いたずら関連グッズを撤収。隙を見ていたずらするのはやめないが、少し落ち着いたかな。悪さをしたらひっぱたく、そして、その後は優しく体をなでてあげる。これがわたくしの教育法である。してはいけない事さえわかってくれれば、いいこ。なつこはとてもいい子、おにぃちゃんのみそちゃんもとてもいい子。

okurumi.JPG
おくるみなつこ♪


2005_0822nakayoshi.JPG
兄妹なかよしさん?


2005_0822akubi.JPG
あくびなつこ♪
指を突っ込まれるのは、ねこのお仕事です♪


 さて、通院も一月近くなるのだが、相変わらず鼻水と鼻血が止まらない。調子のいい時は、全然でないのに、ちょっとしたことで、ずぴずぴと鼻水。ちーん、と拭き取ってあげると、ねっとりとした凄い鼻水。寝ている時もいびきみたいにずぴずぴ言って、かわいそうだ。

 そこで、今回は更に、抗ヒスタミン剤(人間でも使う鼻水止め)を貰ってきた。これで、飲む薬は5種類だ。ちょっとかわいそうだけど、ごめんしてね、なつこ。今週の尿検査は、なつこがみそちゃんのトイレ(紙砂のタイプ)を使うようになってしまったので、採取できなく断念。来週は秘策を以って、必ずや採取する予定♪最後に、インターフェロンを接種してもらい、体調の安定化を図る。体重は現状維持。

 がんばれ、なつこ。父はいつでもお前の味方ですよ。最近は、おにぃちゃんも仲良しさんになってきたね♪ ああ、家族って素晴らしい。

本日の診察代金

診察料:500円
消炎剤、抗生物質、尿酸化剤、抗ヒスタミン剤
アガリクス製剤(1週間分):3,910円
インターフェロン注射:5,500円

合計:9,910円


***コメントへの返信***
yuzurumamaさん

ご来訪ありがとうございます。
てんかんですか。こうして考えてみると、ねこも人も大して変わらないものなんですね。ボケて徘徊する子もいると言いますし、大変です。それにしても、子供が先に老化しちゃうのは、ちょっと寂しいですね♪
で、医療費。こればっかりは仕方が無いとあきらめてます(笑)。幸い、いいお医者さんに掛かっているので、その点では少し安心です♪お互い大変ですが、いい親になりたいものですね♪
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

尿酸化剤

 さてさて、なつこがうちに来てからもうすぐ一ヶ月。おにぃちゃんも
落ち着かない様子(0.5kg痩せました)ですが、まぁまぁ上手くやって
いるようです。ここで困った事が一つ。なつこのいたずらがひどく
なってきました。不整脈が出ているのに、おうちの中を縦横無尽に
走り回る。ティッシュやトイレットペーパーをぐしゃぐしゃにする。
ビニール紐を引っ張り出してくちゃくちゃにする。ゴミ箱をあさる。
まぁまぁ、端から見ていると、普通のおてんば子猫ちゃんだ。
そして、よく眠る。かわいい顔をして眠る。
2005_0813.JPG
とても気持ちよさそうに眠ります


 で、今週も病院へ行ってきました。体重は微減。最近は鼻血が
多くなっていたので、その対策として、抗生物質を換えてみる。
鼻炎の治療はまだまだ掛かりそうだ。寝ている時もずぴずぴ言っている
時があるので、かわいそうだ。早いところ何とかしてあげたい。
後は尿検査。潜血は無い物の、ストルバイト(アルカリ尿)が
かなり出ているようだ。先週貰った食事療法用フードのサンプルを
全然食べてくれないので、尿酸化剤と言う尿のphを下げる薬を
処方してもらう。さてさて、これからどうなるか?来週は一ヶ月目の
インターフェロン接種である。

本日の診察代金

診察料:500円
尿検査:1,400円
消炎剤、抗生物質、尿酸化剤
アガリクス製剤(1週間分):4,340円

合計:6,240円

食事療法フードを食べてくれ〜(泣)

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

8月7日

 朝方、病院へ行こうとしたら、おにいちゃんが10日振りに帰ってきました。とりあえず、おうちに軟禁して、病院へ出発です。

 今日は尿を採取できたので、カテーテルは無し。なつこにも、
父の財布にも優しい。うんうん、いい事だ(汗)。相変わらず
尿はアルカリ性。7歳以上用の、ストルバイトに配慮したフードを
与えている旨を話すと、どうも、成長期にシニア向けのフードは
健康上よくないらしい。と言う事で、先週貰い損ねたサンプルを、
ごっさりと貰ってきた。気に入ったものを食べさせるようにして欲しいとの事。
あとは、何故か尿に糖が・・・。
なんかの条件(忘れてしまった)で、尿糖が出る事があるらしく、
一時的なものである可能性もあるので、また来週に尿を持参せよとの事。
体重は2.85kgまで上昇。とりあえず、しっかり成長させることが
大事なのは変わらない。
後の問題は、ずびずびに鼻血が混じり始めた事。ただ、これは
鼻炎で粘膜がやられているからと言う事らしい。
消炎剤を止血消炎剤にする話もあったが、たいしたことがないので、
投薬内容は変わらず・・・。で、また、とりあえず経過観察。
来週は、みそちゃんお兄さんの歯石取り(歯肉炎が発生してます)
もあるので、大忙しだな、こりゃ。

とりあえず、今日もなつこは大暴れです。
お兄ちゃん、まだ慣れてないから、父と遊びましょう。
そのうち、兄妹で遊ぶようになってくれるといいな・・・(希望)

本日の診察代金

診察料:500円
尿検査:1,400円
消炎剤、抗生物質(1週間分):1,680円
アガリクス製剤:700円

合計:4,280円

人間の方がリーズナブルだな(笑)

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご無沙汰しました

 本当はかなり記事が溜まるはずだったんですが、先住の兄、みそちゃんが
家出をしてしまい、捜索やらなんやらで更新が遅れました。
詳しくは、わたくしのブログをご覧下さい。
もちろん、なつこ1号の通院は通常通り続けております。

 さて、定住したなつこですが、毎日元気に大暴れしてます。バクバク食べます。
父に甘噛みしたりとおてんば盛りです♪

さてさて、そんな元気ななつこですが、またまた問題が発生しました。

****7月30日****

今日は尿検査と血液検査。
おしっこが上手く取れなかったので、またもやカテーテルを
尿管に差し込む。『ひやっ、ひにゃっ』と暴れるなつこ。
痛いんだろうな、ごめんね。で、結果なのだが、
尿のPHがアルカリに傾いているので、ストルバイト結晶と言う、
砂のようなものが出来る可能性が高いとの事。放置しておくと、
結石にもなりうるので、マグネシウムを控えた食事を勧められる。
サンプルを貰い忘れたのだが、そう言うフードが売っているらしい。
(高そうだな・・・)あとは、潜血の気があるので、子宮内膜症の
恐れがあるとの事。ただ、これは院長の吉川ドクターの触診で、
異常がないことがわかった。

血液検査のほうは、血液中の白血球が少ないのと、貧血の気があるとの事。
肉球と鼻、口の中などの色が白っぽいのは、そこから来ているらしい。
そして、貧血の原因はどうも、白血球ウィルスの仕業らしい。
とりあえず、月明けにはインターフェロン。3ヶ月に一度は
血液検査と心電図を取って、心臓の様子と体の調子を見ていこうと言う
方針となった。薬は変わらず、抗生物質+消炎剤&アガリクス。
診察はまた来週・・・・

本日の診察代金

診察料:500円
血液検査:5,960円
尿検査:1,400円
泌尿器科処置(カテーテル尿採取):1,200円
消炎剤、抗生物質(1週間分):1,680円
アガリクス製剤:700円

合計:11,440円

***コメントへの返信***

りゅうさん:薬をまぜてたご飯を食べさせる事は考えたのですが、
      やはり、きちんと飲ませたいので、直接経口投与を
      続ける事にしました。大分慣れてきて、きちんと
      ごっくんできるようになりました♪


ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

投薬

 なつこがうちに来て一晩が経った。先住の兄、みそちゃんとのそれはまぁ凄いやり取りはまたの機会に書くとして、今日は毎日のお薬について書いてみる。

 まずは感染症を封じ込める抗生物質。パセトシンと言う銀紙で包装された薬。飲ませる時はナイフで半分に割る。もう1つは消炎剤、炎症を抑える薬だ。最後はアガリクス製剤。アガリクスHCCペットと言う商品名で、動物用栄養補助食品と言う触れ込みだ。
 前者2錠は、小さいので簡単に飲ませることが出来るが、アガリクスはかなりの大粒なので、まだ口の小さいなつこには飲ませづらい。口を開け、水と一緒に飲み込ませる方法を取った。
 ねこにとって、薬をのまされると言うのは凄いストレスだ。なつこは懸命に抵抗し、私の手には何度も爪が食い込む。2日目にして、数十箇所の小傷が出来た。まぁ、こんなものなのだろうか。

 健康の回復と、元気な生活は、毎日の規則正しい習慣から生まれる。一晩(投薬2回)で目やにと鼻水が出なくなった。後は咳とくしゃみが早く止まってくれると嬉しい。ぜーぜー言うのを聞いていると、心苦しくなる。
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

よくがんばったね

 診察での付記だが、なつこは採血、ワクチン2回、インターフェロンと合計4回の注射を受けた。診察は1時間にも及んだ。途中、何回か暴れたが、概ね大人しくしてくれていた。よくがんばったね、お疲れ様。ありがとう。


 私もこんなに長い時間診察に立ち会ったのは初めてなので、かなり疲れた。まだ1歳なので、爪が薄く、皮膚から肉に食い込む。数箇所を切ったが、まぁ、仕方が無いだろう。
ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 15:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィルス検査、陽性

 鼻をずぴずぴ言わせていたのは、猫三大疾患の1つ、猫ウィルス性鼻気管炎だと思っていた。薬で治して、ワクチンを接種すれば、健康なねこになると信じて疑わず、私はねこの病院フェリスへと車を走らせた。

 朝8時半、千葉の九十九里から2時間半、埼玉の病院に到着した。開院を待つ他の親達(私は飼い主と言う言葉は使わない。語弊があろうとも、ねこ達を育てると言う事は、自分の子供として育てると言う責任を明確にするためだからだ)と談笑していた。この後に、悲痛な宣告が有る事など微塵も心に無かった。


felis.JPG
ねこの病院フェリス
埼玉県さいたま市南区根岸1−3−16
電話:048−836−6363
診察時間:午前9時半〜正午、午後3時〜7時
休診:木曜日、祝日、月曜午前、日曜午後


 午前9時半、一番乗りの私は、なつこと一緒に診察室へ入った。医師の問診を受け、まずは採血し、ウィルス検査と触診、聴診を受ける事になった。先ず驚いた。聴診で、心音に不整脈と思われる乱れがあると言われたのだ。緊張のためかどうかわからないが、念のため、心電図を取る事を勧められた。私はそれに同意した。
 その間に採血後のウィルス検査結果が出た。その結果に、私は呆然となった。3つの∴、正常なら上の点のみが現れ、エイズウィルス陽性の場合は下段左、白血病ウィルスの場合は下段右に反応が出る。



 下段右に青い点が見えた・・・



 白血病だ。



 別段一緒に暮らした訳でもない。愛息みそちゃんに比べれば、接点もほとんど無い。だが、彼がそう診断された時に陥るであろう感覚が私を襲った。嘘だと思った。間違いであって欲しいと思った。
 だが、検査に間違いは無い。その後、心電図の波長に不整脈と過負荷の動きが見られた。狭心症、心不全の初期症状らしい。人間のそれと同じく、心臓に過負荷が掛かると、心臓の筋肉が内外に肥大し、心臓そのものは大きくなり、血液を送り出す心室は筋肉に侵食され、容量を減少させる。その後のレントゲン検査で、心臓の肥大が始まっている事が確認された。また、血尿の気が見られたので、採尿を試みたが、尿道が開かなかったので、それは叶わなかった。しかしながら、膣と膀胱の出口までの間に、白血球が多く確認された。何らかのウィルス感染を引き起こしている可能性があるという。悪ければ、敗血症で死亡する恐れもあると言われた。
 実は、なつこは一回妊娠して流産したらしい。その母親も度々流産を繰り返していた。この5匹を産む前にも、1匹早死にした子供を産んだ。これらは白血病ウィルスに起因する可能性が高いという。鼻炎やせき、目やにもそこから来る感染症の可能性があるという。また、のみが多いのも、免疫力の低下から来るものだと言う。ちなみに、みそちゃんは外ねこだが、のみはいない。

 対策を聞いた。正直、白血病は初期の段階で無いと、インターフェロンによる陰性化は望めず、なつこの場合は遺伝による先天性のものであると推測されるため、その気を逃したであろうと言う。白血病が発症すれば、95%以上の確率で死に至ると言う。だが、免疫力をつけてウィルスの力を弱め、抗生物質で他の感染症を抑え込めば、生きる望みは繋がると言う。明日かもしれない、来年かもしれない、10年後かもしれない。私は決めた、その日を一日でも遅らせるために、出来る事全てをしようと。毎日の投薬、約1月に1回のインターフェロン接種、アガリクス製剤による免疫力の向上。今出来る事を全てやろうと思った。
 なつこは何も解らない、私の勝手なエゴだ。だが、生かしたい、生きて欲しい。辛いかもしれないが、頑張って欲しい。

 なつこ、今日からお前は私の娘だ。さぁ、うちへ帰ろう。

 少し、涙が出た。


本日の経費

診察料:1,700円
ウィルス検査:7,970円
尿検査:500円
レントゲン:3,900円
心電図:1,500円
泌尿器科処置(恐らく顕微鏡検査):600円
ノミ予防薬(フロントライン):1,300円
ワクチン2種(予防・混合ではない):3,300円
インターフェロン:5,500円
消炎剤、抗生物質(1週間分):1,680円
アガリクス製剤:700円

合計:28,650円


ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前書き(私の家族たち)

 私は東京で暮らす一人の男。7年前、カラスに殺されかけていた、ねこの赤ん坊を拾った。みそちゃんと名付けて育てた。お陰様で、大した病気もせず、7歳の誕生日を迎えることが出来た。

 去年の事、田舎で暮らす実父の家に住み着いたのらねこが5匹の赤ん坊を産んだ。男の子が1匹、女の子が4匹。



natuko_akachan.jpg
生まれたばかりのなつこ姉妹




 みんな、小さい時から鼻をずぴずぴ言わせて、目やにと鼻水に苦しんでいた。そんな中、私になついてくれた一匹の女の子をなつこ1号と名付けた。何故1号かというと、彼女には中のいい姉妹がいたから。その子は1号にそっくりだったので、なつこ2号と名付けた。2号はやたら暴れたり、噛み付いたりする粗暴な子だが、私はかわいく思った。



natuko1_1.jpg
なつこ1号



natuko_2.jpg
なつこ2号


 今年の2月くらいだったか、私は2匹を連れて近所の動物病院へ行った。医者は冷たかった。治らないと思う、のみが付いて汚いから、待合室ではなく、診療室で会計するようになどと言われた。インターフェロンを注射され、粉薬と目薬を与えられ、そのまま田舎の家に戻して帰京した。その時、私は息子、みそちゃんの主治医である、名医ねこの病院フェリスへ連れて行く事を思案していた。
 そして今日、ようやくその準備が整ったので、2匹を迎えに行った。1号はすぐに捕縛したが、2号はどこにもいなかった。実父に聞くと、交通事故で亡くなったそうだ。悲しいが、悔やんでも仕方が無いので、なつこ1号だけを連れて、ねこの病院フェリスへ向かった。

ニックネーム みそちゃんとなつこ1号の父 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする